M-Blog

インストール

前提

MODXの動作環境に合わせてWEBサーバーとデータベースサーバー(MySQL)を用意
レンタルサーバーの場合はデータベースとPHPを使用できるところと契約すること

※本まとめはファイアバードで稼働しています。

データベースの作成

インストールに必要な情報は下記の通り

  • データベースホス名
  • データベースユーザ名
  • データベースパスワード
  • データベース名

照合順序はutf8_general_ciで作成

インストールの手順

※1.0.14J-r9に準じて書いています。

ダウンロード

MODXJapan公式からMODX Evolutionの最新版をダウンロード
特に理由がない場合は最新パッケージ推奨

MODX Japan公式

アップロード

FTPソフトを利用してフォルダとファイルをアップロード
アップロードするフォルダとファイルは下記の通り

  • /assets/ (ディレクトリ)
  • /content/ (ディレクトリ)
  • /install/ (ディレクトリ)
  • /manager/ (ディレクトリ)
  • /temp/ (ディレクトリ)
  • captcha.php
  • index.php
  • index-ajax.php
  • sample.htaccess

インストーラーにアクセス

/MODXをアップロードしたディレクトリ/install/(http://ドメイン名/install/)にアクセス

MODXのインストールを開始します。 

必要があれば言語を設定し、必要が無ければそのまま進むをクリック

データベース設定

事前に準備したデータベース情報を入力

  • データベースホスト名
  • データベース接続ログイン名(データベースユーザ名)
  • データベース接続パスワード(データベースパスワード)

入力したらここをクリックして、接続テストを行ってくださいをクリック
続けて利用するデータベースとTableプレフィックスの設定

事前に準備したデータベース名を入力
Tableプレフィックスはデフォルトで「modx_」が入っている
複数のMODXをインストールするときなどに変更

ここをクリックしてデータベースのテストを行なってください。(※権限がある場合はこの操作でデータベースを作成します)をクリックしてデータベースとTableプレフィックスのチェック: 問題ありませんと表示されれば管理アカウントの初期設定をしていく

管理アカウントの初期設定

ログイン名メールアドレスパスワードパスワード(確認入力)を入力して進むをクリック

インストールオプションの選択

必要でないもののチェックを外して進むをクリック

インストール前の状態確認

すべて問題なしであればこのライセンス(GPL2)で規定される諸条件に同意します。にチェックを入れてインストールをクリック

インストールを実行しました。

インストールディレクトリを自動的に削除するにチェックが入っていることを確認してインストール終了をクリック

仕上げ

/install/ディレクトリが削除されていない場合は手動で削除する

ログイン画面にリダイレクトされるのでログイン
ログイン後に赤文字でアップデートまたは新規インストール直後のため、各種設定を確認し更新する必要があります。設定を確認した後、データベースを更新するために「更新」ボタンをクリックしてください。と表示されるので更新ボタンをクリック

問題が無いことを確認してインストール終了

参考URL

参考画像

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

© 2015 - 2019 M-Blog. Powered by MODX.

(URL:https://modx.mblo.info/,E-mail:info@mblo.info)

ブログについて
MODX Evolutionを使ってブログをしています。基本的にはまとめ、チートシートのメモなど、他にも日常のことをぼちぼち書いています。

コンテンツ
ブログ
MODXまとめ
MODXチートシート

動作環境
このブログはで運用しています。
・Apache 2.2.31
・OS Free BSD
・PHP 7.1.18
・MySQL 5.5.38
・MODX 1.0.22J-beta1

ブログ更新通知
RSS | ATOM

まとめ更新通知
RSS | ATOM

フィードバック

お問い合わせ
Twitter